名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  あなたのギモンにお答え【医療レーザー脱毛Q&A】 » 敏感肌やアトピーでも医療脱毛は受けられるのか?

敏感肌やアトピーでも医療脱毛は受けられるのか?

敏感肌やアトピーが気になって医療脱毛を受けられそうにない、という方へ。

ここでは、たとえ敏感肌やアトピーの方でも医療脱毛が受けられる理由と安全性について、注意点とともに解説しています。

敏感肌やアトピーでも大丈夫?医療脱毛を受けられる条件

医療脱毛と一言でいっても、実は使用されている機械はクリニックによってさまざま。大手クリニックでは、施術を受ける人の肌状態や体質によって使い分けているところもあります。

そんな複数の機械が存在する医療脱毛は、敏感肌やアトピーなど肌が非常にデリケートな方でも安心して受けられる施術です。むしろ、肌がデリケートな状態になっている方こそ、医療脱毛がおすすめです。

ただし、敏感肌やアトピーの方が医療脱毛を受けるには、条件があります。とはいえ厳しいものではなく、以下の状態であれば医療脱毛の施術は可能です。

基本的に、肌の状態が荒れているのであれば医療脱毛はできません。

しかし、施術を受けたい部位と肌荒れしている部位が同じでなければ、施術可能です。たとえばワキの脱毛をしたいけれど足が乾燥して敏感になっているという場合は、ワキの医療脱毛を受けることができます。

また、部分的に荒れているときも、その部分だけを避けて脱毛施術を受けられることがあります。カウンセリングや施術直前に、医師に状態を確認してもらいましょう。

いずれの場合も、アトピー体質の方はかかりつけの皮膚科医に相談することを忘れずに。脱毛を考えていることを伝え、医師から「同意書」を発行してもらわなくては、脱毛を申し込むことはできません。

敏感肌やアトピーが原因で医療脱毛できない場合もある?

状態が落ち着いていたり、肌が荒れていない部位の施術だったり、条件さえ合えば敏感肌やアトピーの方でも医療脱毛を受けることはできます。

治療でステロイド系の薬を使用している場合も、医師が常在する医療脱毛なら施術できるケースが多いです。美容サロンでエステティシャンが行う光脱毛は断られる可能性が高いため、医療脱毛ができるクリニックに問い合わせることをおすすめします。

医療脱毛でも施術を断られるケースはあります。肌が荒れている部分にはできません。

広範囲の施術で荒れている部分が小さい場合は、荒れている部分だけを避けて施術できるケースもありますが、あまり推奨されるものではないことを理解しておきましょう。

敏感肌やアトピー肌で悩む人が医療脱毛を受けるメリット

敏感肌もアトピーも、乾燥は大敵です。医療脱毛は肌を傷つけず毛根にのみ影響するため、肌が乾燥しやすくなることはありません。

自己処理で行うのは、おもにカミソリで剃る、毛抜きで抜く、除毛クリームで毛を溶かす方法などです。医療脱毛で毛を処理すると、自己処理の場合と比べてこのようなメリットがあり、肌に与えるダメージに大きな差が出ます。

何より、自己処理はほぼ毎日する必要があるのに対し、医療脱毛は施術を数回受けるだけで処理の必要がなくなります。毎日ムダ毛の処理にかけていた時間がなくなることを考えると、ストレス軽減にもつながるのではないでしょうか。

医療脱毛の後に肌は荒れない?敏感肌やアトピーで気をつけること

自己処理に比べて肌へのダメージが少ない医療脱毛ですが、何の刺激もないわけではありません。

レーザーマシンを使用する医療脱毛では、肌表面が火照ることもあり、一時的に乾燥しやすくなります。そのためかゆみを感じる人もいるようです。また、敏感な人は一時的にアトピーが悪化することも。

これらのリスクを避けるには、施術後のケアが重要です。医師の指示に従って、必ずケアを行い、激しい運動など体に負担をかける行動を控えましょう。

何より、はじめからこのようなケースに的確に対処してくれる医療脱毛を選ぶことが大切です。クリニックと提携している美容サロンもありますが、クリニック直営の医療脱毛であればその場ですぐに対処してもらえますし、対策もとってくれます。

肌の状態に合った施術と対処をしてくれる医療脱毛は、もっとも安全に脱毛できる方法です。敏感肌やアトピーなど、とくにデリケートな肌の方こそ、医療脱毛で安全にムダ毛の処理を行うことをおすすめします。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop