名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  あなたのギモンにお答え【医療レーザー脱毛Q&A】 » 永久脱毛は本当に永久なの?

永久脱毛は本当に永久なの?

医療脱毛に関するあらゆるギモンを徹底解消!ここでは医療脱毛でしか叶えられない「永久脱毛」が本当に永久的な効果を持っているのかを解説します。

毛が生えてこなくなるメカニズムについて、効果が永続する理由についてリサーチしました。

永久脱毛で毛が生えてこなくなる仕組み

レーザー脱毛に使われる光線は、特定の色や物質のみにしか作用しない、単一の波長を増幅させたもの。脱毛の場合は、黒い毛をターゲットにする光のみを照射します。

照射をすると黒い毛の部分に熱が吸収され、毛根を包んでいる毛包全体に熱が伝わります。その熱が周囲に広がり、毛を作る組織である毛球部の「毛母細胞」をも破壊してしまうので、その毛穴では毛を作る事ができなくなり永久に毛が生えてこなくなるのです。

この効果は、威力が強いレーザー脱毛でないと得る事ができません。エステサロン等の光脱毛では毛を一時的に脱毛しますが、毛母細胞を破壊するまでには至らず、いずれ毛が復活してしまうのだそうです。

永久脱毛が出来る部分と出来ない部分

永久脱毛に使われているマシンは、主に「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」の2つ。

ワキや腕・脚など、ある程度毛の生える部分がばらけていて、毛の色が濃い部分には高い効果を発揮します。しかし濃い毛が密集しすぎている部分(男性のヒゲ等)や、産毛レベルのメラニン色素が薄い毛には、うまくアプローチすることができません。

こういった部分には、上記のレーザーではなくロングパルスヤグレーザー(波長が長く奥深くの毛根まで届く。皮膚表面のメラニンには反応しにくいので、日やけや色素沈着がある肌でも使える)、フォトRF(光と高周波のW作用で産毛レベルの薄い毛にまでアプローチ可能)といった機械が使われます。

また、レーザーはお肌表面の黒い部分に反応してしまうので、濃いシミやほくろが脱毛部位にある方は施術ができない場合があります。

それとは逆に、薄いシミやそばかす、ほくろなどはレーザーの効果で消えてしまうことも。濃い・薄いは自己判断せず、施術前に必ず医師に確認し、施術できるかどうか診療してもらいましょう。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop