名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  あなたのギモンにお答え【医療レーザー脱毛Q&A】 » 医療脱毛ができない部位はどこ?

医療脱毛ができない部位はどこ?

医療脱毛に関するあらゆるギモンを徹底解消! 医療脱毛をしたいと思っても、身体の部位や場所によっては脱毛ができない部分があります。 ここでは医療脱毛前に知っておきたい脱毛のできない部位をまとめてみました。

粘膜は医療脱毛ができない

「脱いだときに恥ずかしいからVIOラインを医療脱毛でスッキリさせたい」と思う人は少なくありません。 そんな人気の脱毛部位VIOラインに近い部分にあるのが粘膜です。

基本的に女性器を含む粘膜部分には照射することはできません。 色素沈着していることが多い粘膜部分を施術すると、やけどするリスクがあるためです。

安全のため、ほとんどのクリニックでは粘膜の医療脱毛は行っていませんし、そもそもリスクのあるIラインの脱毛を取り扱っていないこともあります。

ただし実際には、女性の場合粘膜部分に発毛することはほとんどないのも事実です。 また、Iラインで照射可能な場所ギリギリまで施術してくれるクリニックが多いので、Iラインの医療脱毛はほとんどの部分ができると考えて大丈夫でしょう。

また同じく粘膜部分にあたる、鼻の中や口、眼球は医療脱毛ができません。

タトゥーの上も医療脱毛できない

タトゥーを入れている部位も医療脱毛ができない可能性が高いです。 理由は医療脱毛用の機器の多くはメラニン色素に反応するようなしくみになっているため。

メラニン色素に作用する医療脱毛機器をタトゥー部分に使用してしまうと、タトゥーをメラニン色素の多い部分と判断してしまい照射が集中する可能性があります。 そうなるとやけどのリスクや通常よりも激しい痛みを感じるリスクがあります。

さらにリスクは、痛みややけどだけではありません。 タトゥー自体が消えたり、絵図が崩れてしまったりするリスクがあります。

このように医療脱毛ではタトゥー部分を避けて施術が行われます。 タトゥーのギリギリまで脱毛してくれるクリニックもありますが、それでもタトゥー部分の5cm以上は離して行われることが多いので、タトゥー周辺は自身で除毛の必要があるでしょう。

どうしてもタトゥー部分を脱毛したい場合は、メラニン色素に反応しない脱毛にしましょう。 たとえばニードル脱毛は、レーザーを使わない針を使った施術になるので、タトゥー部分も脱毛することが可能です。

ニードル脱毛は医療脱毛よりも費用がかさむ傾向にありますが、タトゥー部分をニードル脱毛、その他と医療脱毛と工夫すると費用面でそこまで心配する必要もないでしょう。

その他医療脱毛ができない部位

タトゥーがない場合は、基本的に粘膜部分の医療脱毛ができないと押さえておけば大丈夫です。しかし身体の状態によっては医療脱毛ができない場所もあります。

けがをしている部分、ほくろがある部分、色素沈着が進んでいる部分です。 理由はタトゥーと同様、メラニン色素に反応することでやけどのリスクが高まるため。

実際に施術できるかどうかは色味によっても変わるため、一度クリニックで診てもらってからの判断になることが多いです。

また施術を受ける場所によっては、もみあげやおでこなど髪にあたる部分の脱毛ができないことがあります。 髪の脱毛は医療行為とは別物で、理容師などの人の髪を扱える免許が必要になるためです。

顔と髪の境目や髪部分にあたってしまう部分を脱毛したい場合は、クリニックで髪の脱毛を扱っているかどうかも事前に確認しておきましょう。

基本的に医療脱毛ができない部分は、粘膜部分とタトゥーのある部分。 それ以外の場所でも色素沈着やケガの具合によっては医療脱毛ができないことがあります。

ただし医療脱毛を受けられるかどうか、受けられる範囲はどうか、個人差もあるので一度施術を受けるクリニックに相談することをおすすめします。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop