名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  あなたのギモンにお答え【医療レーザー脱毛Q&A】 » アフターケア方法は?

アフターケア方法は?

医療脱毛に関するあらゆるギモンを徹底解消!

ここでは医療脱毛をした後どのようなアフターケアをすべきなのか、逆にやってはいけないことは何なのか、脱毛後の敏感なお肌に刺激を与えない正しいケア方法をお教えします。

意外と怠りがちなアフターケア・ホームケア

医療機関やエステサロンでプロによる脱毛を受けている方は、プロに任せているという安心感からか、自分であまりアフターケアを入念に行わない傾向があります。しかし、脱毛後敏感になっているお肌をクリニックでは勿論のこと、自宅でもきちんとケアしないと、炎症などのトラブルが出てしまうこともあるのです。

脱毛後のアフターケアはしっかり、丁寧に行いましょう。

施術直後のケア

脱毛に使うレーザーや光は黒い部分に反応するため、皮膚には直接影響はないとはいえ、毛を作る組織が破壊される際、皮膚にも多少痛みを感じますよね。

照射により皮膚には刺激が連続して引き起こされているので、施術後は軽いやけど状態…かなり敏感になってしまっています。

このとき必要なのが、皮膚の炎症等を抑えるための冷却と保湿です。

クリニックでは施術後に冷却パッドを患部に当てたり、何かしらの冷却装置を用いたりしてお肌を落ち着かせていきます。その後、専用のジェルやクリームでしっかり保湿をしてくれますので、施術直後はプロに全てお任せでOK。セルフケアをする必要はありません。

自宅に帰ってからのケア

施術当日は、体を温めてしまう湯船はNG。

「大丈夫ですよ!」と言ってくれるサロン・クリニックもありますが、体が温まると炎症が起きる可能性があるので、できれば避けたほうが良いでしょう。体を洗う際も施術した部分は絶対擦らずに、やさしくソフトに手で撫でる程度にしてください。

汚れを落としたら、保湿ケアを忘れずに。サロン・クリニックではアフターケア用の保湿アイテムを販売しているので、それを購入しても良いですし、なるべくお肌に刺激の少ない敏感肌用のコスメを使うのでもOKです。

「お肌に刺激を与えるのが怖いから、お風呂やシャワーはパス」という方もいますが、逆に不潔にしていることでトラブルになる場合もあります。体をゴシゴシ洗う必要はありませんが、軽くシャワーの流水を浴びて汚れを流すくらいはしたほうが良いでしょう。

炎症や赤みが出てきたら軟膏を塗ろう

医療脱毛当日はクリニックで適切な処置をしてもらえますが、問題は自宅に帰ってからです。 自宅に帰ってからのアフターケアにはどのような方法があるのか、炎症があった場合はどうするべきか、そもそものアフターケアが必要な理由を説明します。

意外と重要な医療脱毛後のアフターケア

入浴や日焼けなど、医療脱毛後の注意については、こちらのページでも紹介しているように、クリニック側で説明されることが多いです。

では、そもそもなぜこのようなアフターケアが必要となるのでしょうか。 理由は、医療脱毛が肌にダメージを与える施術になるためです。

自分で毛を抜いたりするよりも医療脱毛の方がダメージは少ないといわれていますが、レーザーを照射するわけですから、肌に多少のダメージはあります。 軽いやけどをしたような状態です。

人によっては照射直後、ヒリヒリする人もいるでしょう。 クリニックでは、そんなダメージを抑えるために患部を冷却しますが、実はクリニックで行なうアフターケアだけでは十分とはいえません。

医療脱毛後に患部を放置していると、軽いやけどを放置しているのと同じことになるため、痒くなったり、炎症を起こしたりとトラブルが発生してしまうことがあります。

アフターケアはトラブルを防ぐ、患部の状態を悪化させないためにも必要なことなのです。 アフターケアは面倒と思わずに、きれいな肌を守るための行動と思って取り入れましょう。

脱毛後のアフターケア法

脱毛後のアフターケアをしっかりしたかどうかで肌の状態は変わります。 自分でできる4つのアフターケアの方法とポイントを確認してみましょう。

シャワーの後はクールダウン

医療脱毛当日は、シャワーをパパっと済ませるのがベスト。

シャワーの後は、クールダウンも忘れずにしましょう。 シャワーを浴びると、体が温まり血行が良くなるため、どうしても炎症が起きやすい状態になってしまいます。

医療脱毛後のヒリヒリが気になるようであれば、あえて当日はシャワーも避けてタオルでからだだけ拭くのもありです。

なお、シャワー後のクールダウンはしたほうが良いですが、必要以上に患部を冷やしすぎるのはNG。 冷やしすぎると患部の回復を促してしまい、思ったような脱毛効果が得られないことがあります。

自宅でのシャワーの後のクールダウンは保冷剤を使うのではなく、冷やしたタオルを使うようにしましょう。 短時間のやさしいクールダウンを心がけるのがポイントです。

外出するなら日焼け止めと日傘を

医療脱毛後は、外出時も十分に注意したいもの。 少なくとも施術から1週間は日焼け対策をしたいです。 外出するときは日焼け止め、できれば日傘まで用意しておきましょう。

医療脱毛当日の帰りもできるだけ、患部が紫外線に触れないようにするのがポイントです。 患部は普段よりも敏感になっているので、日焼け止めを使う場合はできるだけ刺激の少ない敏感肌用のものを用意しておきましょう。

人によっては日焼け止めが刺激になって炎症を起こしてしまう場合もあります。 普段から使い慣れている日焼け止めでも良いですが、事前に肌に合う低刺激処方の日焼け止めも用意しておくと安心です。

また、日焼け止めを使う場合に注意したいのが日焼け止めを落とすとき。 日焼け止めが落ちにくいと、ついゴシゴシとこすってしまいがちです。

患部を刺激してしまうので、日焼け止めを選ぶ場合は、石鹸で簡単に落とせるものなど、日焼け止めの落とし方にも注目しておきましょう。

脱毛後の処理は電気シェーバーで

脱毛直後に少し毛が濃くなったと感じることがあります。その理由は脱毛直後には毛があまり抜け落ちないためです。 医療脱毛の効果が発揮されるのは、施術から2~3週間経過したあたり。

このころになると、自然と毛が抜け落ちていきます。 自然に抜け落ちるときまで待つこともできますが、身だしなみなどを考えるとどうしても気になってしまうことがあります。

特に腕など露出の多い場所であればあるほど気になることでしょう。 どうしても、自分で気になる毛の処理をしたくなります。

毛の処理をすること自体は問題ありませんが、注意したいのが毛の処理の方法。 毛抜きやカミソリを使った処理はNGです。 ダメージのある肌に、さらに大きなダメージを与えてしまうことになります。

さらに毛抜きを使った処理は、次回の医療脱毛時にレーザーが反応しない原因を作ってしまいます。 医療脱毛のレーザーは、もともと黒いメラニンに反応するもので、毛が根っこから抜き取られてしまうとうまく照射されないためです。

どうしても施術した部分の毛が気になる場合は、電気シェーバーを使うようにしましょう。

施術した部分はしっかり保湿

スキンケアを習慣にしている人も多いと思いますが、医療脱毛をした部分も合わせて基礎化粧品で保湿するようにしましょう。

医療脱毛はレーザーを使用する施術なため、直後は肌がダメージを受けているだけでなく、乾燥して敏感になりやすいです。

保湿をすることによって、乾燥から肌を守ることができますし、肌トラブルを防ぐことができます。 普段使っている化粧水やクリームで十分なのでしっかりケアしましょう。

肌への刺激が気になる場合は、敏感肌でも使えるものを用意しておきましょう。 クリニックによっては専用の基礎化粧品が取り扱われている場合もあります。

ただし、VIO脱毛したときの患部の保湿には要注意。

普通のスキンケア用の化粧品だと刺激を感じてしまうことがあります。 デリケートゾーン用のスキンケア用品もあるので、VIO脱毛を希望する場合は事前に用意しておきましょう。

炎症がみられたときのアフターケア法

部位や体質によっては、医療脱毛で炎症が起こることがあります。 部位で起こりやすいのは、皮膚が薄いVIOライン、顔、わき付近です。

医療脱毛の大きなメリットは、クリニックなので薬を処方してもらえること。 炎症があった場合は軟膏などの薬も一緒に貰えるので、もらった薬でしっかりケアするようにしましょう。

自分の判断で薬を使うのではなく、処方された薬を処方された用法で使うようにしましょう。

また、処方される軟膏は薬なので少なからず副作用がみられることもあります。 薬を処方されたら、副作用についても聞いておくと安心です。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop