名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療レーザー脱毛が可能な身体の部分 » ひざ下

ひざ下

ここでは、ひざ下の医療脱毛について解説しています。

ひざ下脱毛の特徴や注意点、料金相場も見ておきましょう。

ひざ下の医療脱毛料金

女性の膝

カミソリなどで自己処理をしている人の率が、脇に次いで多いと言われるひざ下。1年中露出の多い部位でもあるため、中には毎日自己処理をしているという女性もいます。

おすすめの5クリニックの、ひざ下脱毛の料金を確認してみましょう。

表参道スキンクリニック名古屋院

1回あたりの料金が9,000円、5回コースが38,000円です。

>>表参道スキンクリニック名古屋院

リゼクリニック名古屋栄院

1回あたりの料金が34,800円、5回コースが89,800円です。

>>リゼクリニック名古屋栄院

SBC湘南美容外科クリニック

1回あたりの料金が17,410円、3回コースが50,220円、6回コースが81,000円、9回コースが111,370円です。なお、ひざ下から足先まで含まれています。

また、ひざ頭まわりは別。1回あたりの料金が6,070円、3回コースが17,410円、6回コースが28,750円、9回コースが39,280円です

3、6、9回コースには、分割払いが設定されています。

>>SBC湘南美容外科クリニック

ザ・クリニック名古屋

1回あたりの料金が30,000円、5回コースが90,000円です。

初回に限り、1回目がトライアル料金の15,000円となります。

>>ザ・クリニック名古屋

南青山ビューティークリニック

1回あたりの料金が52,920円、6回コースが237,600円です。

ひざ頭周りは別。1回あたりの料金が17,280円、6回コースが75,600円です。

>>南青山ビューティークリニック

ひざ下の医療脱毛の基本事項

ひざ下の脱毛範囲は、基本的にひざから足首まで。具体的には、スネとふくらはぎです。足首から下の部位は別にコース設定があるのが普通ですが、ところによっては足の甲まで含まれていたり、ひざ頭周りは別であることもあります。

スカートをはく女性にとって、ひざ下は、夏だけではなく1年中露出する部位。ぬかりなく脱毛をしておきたいところですね。

ひざ下脱毛で、特に注意が必要なのは日焼けです。

最近では、日焼け肌でも脱毛が可能な医療レーザー脱毛器が普及していますが、それでもなるべくなら日焼けは避けてほしいとの指導が必ずクリニックからあります。

機器がどれだけ進化しようとも、日焼け肌は医療脱毛には好ましくありません。施術中のヤケドのリスクがあるためです。あるいは、ヤケドのリスクを抑えるためにレーザーのパワーを弱くしなければならず、そうすると脱毛効果は弱くなるのです。

ひざ下脱毛を考えている人は、なるべく足首まで覆い隠すパンツスタイルで過ごすか、レギンスやストッキングで日焼け対策をするのが理想です。どうしても素足を出したいときには、UVケアを欠かさないようにしましょう。

ひざ下のレーザー脱毛を受けるときの4つの注意点

ここからは、ひざ下レーザー脱毛を受けるときに注意したい4つのポイントをご紹介します。

アフターケアは入念に!ストッキングの摩擦に注意

ひざ下は、ただでさえほかの部位よりも皮脂腺や汗腺が少なく乾燥しやすくなっています。レーザー脱毛の処置直後はお肌が非常に敏感になっているので、いつもは問題ない程度の刺激でも痛く感じてしまう可能性があります。ストッキングなどの摩擦に注意しましょう。

また、洋服の摩擦もなるべく少なくするために可能ならハーフパンツやスカートなどを着用するといいですね。

余計な刺激を与えないために、湯船に浸かることも避けてください。どうしてもお風呂に入りたい場合はシャワーで済ませるようにしましょう。また、激しい運動や飲酒も控えるようにしてください。

レーザー脱毛処置後は肌が乾燥してしまうこともあるので、翌日以降もジェルを塗るなどして保湿を心がけましょう。

もしもレーザー脱毛の後、肌に赤みや違和感を感じるようであれば、できるだけ早めに処置を受けたクリニックあるいはサロンに相談してください。

毛の処理は事前に!脱毛テープなどの使用は控える

レーザー脱毛を受ける場合は、あらかじめ剃毛しておく必要があります。前日か当日の朝には、必ずシェービングをしておきましょう。

もしもシェービングを忘れてしまった場合、別途シェービング代が請求されることとなり、最悪の場合は施術自体をキャンセルされてしまうことも。

剃る際は刺激を与えないよう、毛が長い場合は短くカットした上でお風呂やホットタオルなどでお肌を柔らかくし、ジェルで保護してから行いましょう。

また、毛抜きや脱毛テープ、ワックスの使用は控えてください。レーザー脱毛は毛根を破壊することで脱毛する仕組みの脱毛術です。

毛抜きや脱毛テープを使用して処置をした場合は毛根まで一緒に抜けてしまうので、施術の効果を十分に得ることができないのです。

硬毛化(増毛化)の可能性を考慮する

脱毛後に「脱毛したのに前より毛が多く見える…」という場合もまれにですがあるようです。これは「硬毛化」という現象で、増毛化とも呼ばれています。脱毛による刺激で毛の生えていなかった毛穴が活性化され、毛が生えてくることが原因です。産毛を脱毛した際に副作用として起こりやすいと言われています。

ひざ下の毛は固さがあるため硬毛化のリスクは少ないですが、まったく起こらないとは言えません。

サロンやクリニックによっては、硬毛化してしまった部位に再度レーザー照射をしてくれる保証サービスが用意されています。脱毛のリスクを踏まえて手厚いサポートが受けられるところを探しましょう。

初日は体調のチェックとカウンセリングだけ

レーザー脱毛を申し込んでも、すぐに施術してもらえるわけではありません。

まずは体調をチェックする必要があるため、毛質・肌質・健康状態をしっかりと検査します。同時に、施術に関する説明・注意事項のほか、コースの案内をしてもらうのが初日の流れです。

その後あらためて施術の希望日を申告することで、はじめてレーザー脱毛の予約は完了となります。

もちろん、サロン次第ではあらかじめ当日に施術を予約しておくことも可能です。そのような場合はカウンセリングの後にすぐ施術してもらえます。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop