名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療脱毛とエステ脱毛の違いとは » リスクの違い

リスクの違い

クリニックで受けられる医療脱毛と、エステサロン等で受けられるエステ脱毛はどう違うのでしょうか?

ここでは脱毛時に発生するリスクや副作用について解説、エステ脱毛と医療脱毛、どちらがより安全に施術が受けられるのか?を検証します。

脱毛で起こる副作用について

医療行為であるレーザー脱毛は、皮膚表面から3~4ミリ、毛根を包む組織である毛包(もうほう)の深さまでしか到達しないようになっています。

なので、血管や内臓など体内の組織に悪影響を及ぼすことは全くありません。光脱毛はレーザーより弱い光を使いますから、こちらも当然体内で異変が起こることはありえないのです。

あるとすれば、皮膚表面のトラブル。以下に挙げるようなトラブルは実際に発生することがあるので、注意が必要です。

これらのリスクが発生してしまった場合、エステサロンのスタッフでは正しい診断や対処ができず、症状の改善が遅くなる可能性があります。

その点クリニックであれば、医師による診断がすぐ受けられる上、医師の処方箋が必要な薬などもすぐに出してもらえるため、いち早く対処が出来ます。

余談:レーザー治療でガンになる!?噂の真相は…

皮膚に強い光を何度も当てると皮膚がやられてガンになる、なんて噂があります。

確かに強い光を浴びると皮膚ガンが発生しやすくなりますが、ガン細胞を発生させるのは主に「紫外線」であり、レーザーや光脱毛で使われるのは「赤外線」に近い光。赤外線は体を温めるために使われたりする安全なもので、脱毛行為で皮膚にガンが生まれることはありません。

ただし、まだ化学的に解明されていることではないのですが、ほくろや濃いシミに照射してしまった場合は皮膚ガンに進行する可能性がゼロではないそう。

そのためエステやクリニックでは、ほくろを避けたり白いシールを貼ってくれるなど、適切な処置をしてくれます。

副作用のまとめ

光・レーザー脱毛には副作用がありますが、施術後の皮膚を正しく冷却することで防げたり、短期間で消えてしまうようなものがほとんど。体の内部で影響が出たりすることは、マシンの性能上ありえませんので安心してください。

皮膚表面のトラブルが万が一起こってしまった場合、いち早く対処できるのはやはり医師が在籍しているクリニックです。

脱毛により高い安全性を求めるなら、エステサロンではなく医療の専門家が揃っているクリニックで受けることをオススメします。

名古屋で全身医療脱毛ができるおすすめクリニック3選はコチラをクリック!

pagetop