名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いとは » 痛みの違い

痛みの違い

クリニックで受けられる医療脱毛と、エステサロン等で受けられるエステ脱毛はどう違うのでしょうか?

ここではレーザー脱毛、光脱毛を受けた際に少なからず感じる痛みの度合いについて、また痛みを緩和する対処法があるかどうかを調べています。

脱毛に痛みはつきもの?最近の施術事情

レーザーや光による脱毛は、黒いところ=毛根のみに刺激を与えて毛を生えてこなくする施術。とはいえ、毛根の周りの組織にも少なからず刺激は伝わるため、レーザー・光を照射した際にはほとんどの方が痛みを感じるものです。

皮膚が強い部分であればそれほど痛くないかもしれませんが、ワキやVIOラインなどは普段露出しないため皮膚が弱い上、毛は濃く太いですからマシンも強く反応します。かなり強い痛みになるため、何度も施術するのが辛くなるかもしれません。

医療脱毛における痛みへの対処

医療脱毛で使われる「レーザー脱毛」は医療機関で無いと扱えないマシンを使います。光の波が単一で、威力がかなり強いので、エステ脱毛よりは強い痛みを感じやすいです。

しかし、施術前に痛みに対する不安を相談すれば、痛みを感じにくくする「麻酔クリーム」などを使ってくれるので、マシンの威力を弱めることなくほとんど痛みのない施術を受けることも可能。施術で腫れたり火傷などのトラブルがあった際にも、すぐ医師が診療してくれるため、安心です。

最新のレーザー脱毛マシンは、昔のものに比べかなり痛みも軽減されているそうなので、新しい機械を導入している病院を探すのも1つの手ですね。

エステ脱毛における痛みへの対処

エステ脱毛は一般の人でも扱える「光脱毛」を使います。

複数の光の波を照射するため威力はレーザーに比べると弱く、痛みも弱くなります。とはいえ、やはり皮膚が弱く毛が濃い部分は強い痛みを感じる事が多いです。

痛みを緩和する主な方法は「出力を下げる」のみなので、威力を弱めると脱毛効果はその分低くなり、脱毛完了までの施術回数を増やさなくてはいけません。

事前に肌を冷やしておくという方法もありますが、麻酔には劣ります。また、もし何か施術のトラブルがあっても患部を冷却するくらいしか対処ができず、医師にすぐ見てもらうことは出来ません。

痛みのまとめ

マシン自体が与える痛みはエステ脱毛のほうが弱いですが、痛みを軽減する方法は医療脱毛のほうが効果的。痛くない&効果の高い脱毛を希望するのであれば、レーザーの威力はそのまま、別の方法で痛みを軽減する医療脱毛がオススメです。

エステ脱毛はいわば民間療法的なことしか対処法がなく、専門家もそばにいないため、万が一トラブルに発展してしまった場合は対処が遅れる可能性が出てきてしまいます。

痛みのない脱毛を希望するのであれば、やはり医療機関で事前に相談し、自分にあった脱毛プログラムを組んでもらうのが一番良いでしょう。

名古屋で全身医療脱毛ができるおすすめクリニック3選はコチラをクリック!

pagetop