名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いとは » 痛みの違い

痛みの違い

クリニックで受けられる医療脱毛と、エステサロン等で受けられるエステ脱毛はどう違うのでしょうか?

ここではレーザー脱毛、光脱毛を受けた際に少なからず感じる痛みの度合いについて、また痛みを緩和する対処法があるかどうかを調べています。

脱毛に痛みはつきもの?最近の施術事情

レーザーや光による脱毛は、黒いところ=毛根のみに刺激を与えて毛を生えてこなくする施術。とはいえ、毛根の周りの組織にも少なからず刺激は伝わるため、レーザー・光を照射した際にはほとんどの方が痛みを感じるものです。

皮膚が強い部分であればそれほど痛くないかもしれませんが、ワキやVIOラインなどは普段露出しないため皮膚が弱い上、毛は濃く太いですからマシンも強く反応します。かなり強い痛みになるため、何度も施術するのが辛くなるかもしれません。

医療脱毛における痛みへの対処

医療脱毛で使われる「レーザー脱毛」は医療機関で無いと扱えないマシンを使います。光の波が単一で、威力がかなり強いので、エステ脱毛よりは強い痛みを感じやすいです。

しかし、施術前に痛みに対する不安を相談すれば、痛みを感じにくくする「麻酔クリーム」などを使ってくれるので、マシンの威力を弱めることなくほとんど痛みのない施術を受けることも可能。施術で腫れたり火傷などのトラブルがあった際にも、すぐ医師が診療してくれるため、安心です。

最新のレーザー脱毛マシンは、昔のものに比べかなり痛みも軽減されているそうなので、新しい機械を導入している病院を探すのも1つの手ですね。

痛み別!名古屋の医療脱毛クリニックをご紹介

それでは、どの脱毛マシンの痛みが少ないのでしょうか。また、そのマシンは名古屋のクリニック(閉院した「あいち美容クリニック」は除く)のどこに導入されているのか見ていきましょう。

痛くないのはどれ?レーザーの種類で選ぶ

脱毛マシンに使われるレーザーは主に3種類あります。アレキサンドライト、ダイオード、ヤグです。それぞれレーザーを発する媒体と波長が異なります。特に医療脱毛では後者が重要です。波長が短いとレーザーは皮膚の表面近くに当たり、長いと奥深くまで届きます。波長はアレキサンドライトが755nm、ダイオードは800nm、ヤグは1,064nmです。

この中で痛みが比較的少ないといわれるのがダイオードレーザーで、他のレーザーよりも出力を上げて施術できるメリットがあります。

最近ではムダ毛に高熱を発生させて毛乳頭を破壊するタイプに代わって、バルジ領域と呼ばれる発毛因子細胞の働きを抑えるマシンが主流です。従来よりも低い温度で施術できるので、より痛みを感じにくくなっています。

機種でいえばエクスレピオン社の「メディオスター」が該当し、名古屋のクリニックでは以下のクリニックに導入されています。

SBC湘南美容外科クリニックにも導入されていますが、使われるのは男性のみです。

従来の毛乳頭を破壊するマシンならルミナス社の「ライトシェア」やアルマ社の「ソプラノ」があります。前者を導入しているのはザ・クリニック名古屋、リゼクリニック名古屋栄院、共立美容外科名古屋院、後者は椿クリニック名古屋院です。

ムダ毛の濃さや量によってはダイオード以外のほうが脱毛効果を発揮します。例えばアレキサンドライトは濃いムダ毛に、ヤグは根深いムダ毛に効果的です。

シネロン・キャンデラ社の「G-Max(ジェントルマックス)」は1台でアレキサンドライトとヤグの2種類を使い分けられ、名古屋では以下のクリニックに導入されています。

G-Maxは脱毛と同時に冷却ガスを吹きつけて肌への負担を抑えられるようになっています。サイノシュア社の「エリート」も同様に2種類のレーザーを使い分けられ、冷却ガスで冷やすマシンです。名古屋では、中央クリニック名古屋院と西堀形成外科に導入されています。

SBC湘南美容外科クリニックでは「ウルトラ美肌脱毛」という独自のマシンを導入しています。これはサロンの光脱毛にも使われている「IPL(インテンス・パルス・ライト)」という特殊な光を照射するマシンです。

レーザーと違って波長を自由に変えられ、医療脱毛用に出力を強くできるため、アレキサンドライト、ダイオード、ヤグと同様の脱毛効果を発揮します。

他にもバルジ領域に働きかけたり、美肌目的で使えたりするなど1台で様々な用途に対応しているのが特徴です。キュテラ社の「プロウェーブ」もIPLによる脱毛マシンであり、ザ・クリニック名古屋に導入されています。

マシンは新しい?最新機種で選ぼう

同じメーカーの脱毛マシンでも、最新の機種になるほどハンドピースや冷却装置が改良されて痛みは少なくなるものです。また施術時間の短縮になったり、レーザーの打ち漏れ防止にもなったりします。

2018年3月の時点で主な脱毛マシンの最新機種は以下のとおりです。

マシン名 レーザーの種類 最新機種
メディオスター ダイオード メディオスターネクストプロ
ライトシェア ダイオード ライトシェアデザイア
ソプラノ ダイオード ソプラノアイスプラチナム
ジェントルレース アレキサンドライト ジェントルレースプロ
ジェントルマックス (G-Max) アレキサンドライト ヤグ ジェントルマックスプロ
エリート アレキサンドライト ヤグ エリートプラス
名古屋のクリニックで導入されているところは以下の5院です(公式サイトで明記しているところのみ)。

もちろん、他のクリニックでも今後入れ替えが進んでいくものと思われます。公式サイトを随時チェックしてみましょう。

2台?3台?マシンの台数で選ぼう

1つのクリニックに複数の脱毛マシンがあれば、痛みの耐性に応じて使い分けられます。

脱毛マシンは1台につき1,000万円以上するので簡単に増やせるものではありませんが、名古屋のクリニックでも大半が2種類以上を導入しています。その中で3種類導入しているのは以下の3つです。

ただしG-Max(ジェントルマックス)やエリートは1つのマシンで複数のレーザーを照射できます。ウルトラ美肌脱毛やプロウェーブは波長を自在に変えられる機種です。

レーザーの種類に合わせて3台揃えなくても、あらゆる痛みやムダ毛に対応できます。3種類のレーザーで照射できる(同様の波長を出せる)名古屋のクリニックは以下のとおりです。

要注意!脱毛マシンは選べない

どんなに痛みの少ない脱毛マシンが導入されていても、実際の施術でどれを使うか選ぶのは医師であり患者ではありません。

たとえ3種類のレーザーを照射できるマシンがすべて揃っていて、痛みが少ないダイオードにしたくても、それを判断できるのは医師だけです。医療行為なので医師が判断しないと大きなリスクが伴います。

3種類のレーザーはそれぞれ得意とするムダ毛の濃さや太さ、肌質などが異なります。痛みを優先して合わないレーザーを選んでしまうとトラブルが発生したり、脱毛が進まなかったりするかもしれません。

先述のとおり麻酔クリームなど痛みを和らげる方法は他にもあります。たとえ希望の脱毛マシンではなかったとしても医師の指示に従いましょう。

エステ脱毛における痛みへの対処

エステ脱毛は一般の人でも扱える「光脱毛」を使います。

複数の光の波を照射するため威力はレーザーに比べると弱く、痛みも弱くなります。とはいえ、やはり皮膚が弱く毛が濃い部分は強い痛みを感じる事が多いです。

痛みを緩和する主な方法は「出力を下げる」のみなので、威力を弱めると脱毛効果はその分低くなり、脱毛完了までの施術回数を増やさなくてはいけません。

事前に肌を冷やしておくという方法もありますが、麻酔には劣ります。また、もし何か施術のトラブルがあっても患部を冷却するくらいしか対処ができず、医師にすぐ見てもらうことは出来ません。

痛みのまとめ

マシン自体が与える痛みはエステ脱毛のほうが弱いですが、痛みを軽減する方法は医療脱毛のほうが効果的。痛くない&効果の高い脱毛を希望するのであれば、レーザーの威力はそのまま、別の方法で痛みを軽減する医療脱毛がオススメです。

エステ脱毛はいわば民間療法的なことしか対処法がなく、専門家もそばにいないため、万が一トラブルに発展してしまった場合は対処が遅れる可能性が出てきてしまいます。

痛みのない脱毛を希望するのであれば、やはり医療機関で事前に相談し、自分にあった脱毛プログラムを組んでもらうのが一番良いでしょう。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop