名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  脱毛に関する注意点とは? » 脱毛施術前の注意点は?

脱毛施術前の注意点は?

脱毛施術前の注意点についてはクリニックによって変わりますが、必ず守りたい大切なポイントがあります。このページではトラブルを避けるために、施術数日前から当日にかけて注意したいポイントを紹介しています。カウンセリングで聞いた施術前の注意事項とあわせて確認してくださいね。

日焼け

日焼けお肌が日焼けしているとレーザー脱毛はできません。脱毛に使用するレーザーは黒い色に反応するので、日焼けで黒くなった肌も焼いてしまい軽いやけどのような状態や炎症を起こしやすくなってしまいます。またレーザーの光が分散してしまうため毛根に届かず、思いどおりの脱毛効果が得られなくなります。

そして、クリニックで日焼けした方の施術を行わないもうひとつの理由は、肌への負担です。健康な肌であればレーザーの刺激は感じませんが、日焼けした肌だと照射時にひどい痛みを感じます。またレーザーが照射する光は熱を持っているので、日焼けした肌にさらにダメージを加えてしまうのです。

こういったリスクを避けるために、紫外線の弱い秋から冬に脱毛をスタートさせたり、夏に露出の多い部分に強い日焼け止めを使ったりするなどの紫外線対策が望ましいでしょう。もしも日焼けをしてしまった場合は、肌の状態が正常に戻るまで施術はできませんので脱毛を延期することになります。

毛抜きによる自己処理

毛抜きで抜いてしまうとレーザー脱毛はできません。脱毛に使用するレーザーは黒い色に反応するので、レーザーの光が反応するために必要な黒い毛を抜いてしまうとレーザーが反応できず効果が少なくなります。

そして、毛抜きによる自己処理をクリニックで注意するもうひとつの理由は、皮膚へのダメージです。毛が途中で切れ皮膚の下で伸びてしまう埋没や毛穴の炎症がおこる原因になるためです。こういったリスクを避けるために、施術前はクリニックの指示に従った方法で剃毛するようにしてください。

飲酒

レーザー脱毛を受ける前日と当日はお酒を飲んではいけません。お酒を飲むと血行がよくなります。体温も高くなり肌がほてった状態になります。クリニックで施術した際にも、レーザーの影響で肌に熱がこもります。それによって痒みなどが生じ肌へのダメージへとつながるのです。

予防接種

予防接種を受けてしまうとレーザー脱毛はできません。

体の中にウィルスを入れて抗体をつくるのが予防接種です。これにより副作用の現れる人もいますし、体調を崩しやすくなることも考えられます。赤みやかゆみがひどくなったり気持ちが悪くなったという人もいるそうです。こういったリスクを避けるために、施術の10日前からは予防接種をやめましょう。

>>脱毛施術後の注意点は?

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop