名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  そもそも医療脱毛とは » YAGレーザー

YAGレーザー

ここでは医療脱毛器YAGレーザーの特徴についてまとめています。

濃い毛には抜群の効果!YAGレーザーの特徴とは

YAGレーザーの分類・位置付け

YAGレーザーとは、イットリウム、アルミニウム、ガーネットを媒質とするレーザー機器の一系統の総称です。

美容医療全般に用いられ、しみ、ほくろ、あざ、そばかすなどを除去するものをQスイッチYAGレーザー、医療脱毛をするものをロングパルスヤグレーザーと言います。

YAGレーザーに属する機器の例

医療脱毛器として代表的なのは、「ジェントルヤグ」という機種のロングパルスヤグレーザー。

また、YAGレーザーとアレキサンドライトレーザーのハイブリッド機種として、「エリート」、「エリート・プラス」、「G-MAX(ジェントルマックス)」などがあります。

機器の特徴

毛根が奥深くまである部位、たとえば脇やVIOライン、男性のヒゲなどに適した脱毛器です。

アレキサンドライトレーザー系やダイオードレーザー系に比べて、レーザーの波長が1,064ナノメートルと圧倒的に長いため、皮下の深部まで脱毛効果が伝わります。そのため、毛質の硬い部分に適しているとのです。

また、日本人よりも毛質が硬く、濃い黒人においては、全身にわたり高い脱毛効果が見られます。

ただし、確認しておくべきことは施術中の痛み。どのクリニックでも、どのサイトでも「痛みは強くない」との説明がありますが、決してそんなことはありません。

痛みについては、ダイオードレーザー系<アレキサンドライトレーザー系<YAGレーザー系と言われています。人によって、この痛みの差は大きいこともあるため、部位によっては麻酔クリームを使用してもらったほうが無難です。

とくにVIOの施術。他の機種でさえVIO脱毛は痛くて有名な部位です。ましてYAGレーザーでVIO脱毛となると、かなりの痛みを伴うため麻酔クリームは必須でしょう。

なお、レーザーのエネルギーが皮下の深部まで到達することから、しみ、しわ、たるみ、赤ら顔などに対しても効果が期待できます。

名古屋で全身医療脱毛ができるおすすめクリニック3選はコチラをクリック!

pagetop