名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療脱毛機器の特徴と効果について » YAGレーザー

YAGレーザー

脱毛に利用されるレーザーは大きく分けて3種類あります。施術部位によってはどのレーザーを用いることも可能ですが、肌質によっては利用することができないものが存在します。病院によっては導入していないレーザー機器もあるので、脱毛クリニックを選ぶ際は利用可能なレーザーの種類をチェックする必要があります。

ここでは医療脱毛器YAGレーザーの特徴についてまとめています。

  ダイオードレーザー アレキサンドライトレーザー YAGレーザー
波長 830nm 755nm 1064nm
コスト
普通

普通
×
高い
主な施術部位 顔, 腕, ひざ下, 背中, 乳輪, 胸 顔, 腕, ひざ下, 背中, 乳輪, 胸 ヒゲ, ワキ, ひざ下, VIOライン
出力 調整可能 弱い 強い
治療時間
短い
×
長い

普通
利用適正 誰でも利用可能 毛が濃い人・黒ずみ・日焼け がある人は利用不可 誰でも利用可能
施術前の準備 特になし 日焼け予防 冷凍ジェル
施術リスク ・やけど:△普通
・放射漏れ:○少ない
×比較的高め ・やけど:○少ない
・放射漏れ:×比較的高め
施術者による脱毛効果の違い ×
大きい

小さい

小さい

濃い毛には抜群の効果!YAGレーザーの特徴とは

YAGレーザーとは

YAGレーザーとは、イットリウム、アルミニウム、ガーネットを媒質とするレーザー機器の一系統の総称です。YAGという名称はイットリウム(Yttrium)アルミニウム(Alminium),ガーネット(Garnet)の頭文字から名付けられています。

参考:平成6年 浅井 和弘「アイ・セイフ固体レーザー」

美容医療全般に用いられ、しみ、ほくろ、あざ、そばかすなどを除去するものをQスイッチYAGレーザー、医療脱毛をするものをロングパルスヤグレーザーと言います。

参考:平成18年12月10日 船坂 陽子「美容皮膚科におけるレーザー治療」

参考:平成22年11月19日 興 雄司,石井 克典,粟津 邦男「「医療レーザー最新事情」特集号によせて」

一般的なレーザー脱毛は、毛の中に含まれるメラニンにレーザー光を吸収させ、熱エネルギーによって毛包幹細胞を破壊する方法です。つまり、毛根が深い人や高齢で毛のメラニン含有量が少ない人にとっては、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーを利用した脱毛は効果が現れにくいのです。

参考:平成10年 渡辺 晋一「レーザー治療の原理と応用」

参考:平成4年10月30日 埴岡 隆, 田中 宗雄, 玉州 裕夫, 雫石 聰「喫煙習慣が関係す る歯肉メラニン色素沈着の疫学的研究」

しかし、ロングパルスYAGレーザーでの脱毛は、他のダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーと比べて波長が長いことで知られています。そのため皮膚表面のメラニン色素に反応してレーザーを照射するのではなく、皮膚の奥深くにまである毛根に働きかける仕組みになっています。毛根が深く太い人向けのレーザー脱毛ですね。

YAGレーザーの脱毛器では、「ジェントルヤグ」という機種が代表的です。ジェントルヤグは照射するタイミングで炭酸ガスを噴出する機能が搭載されています。そのためやけどを防ぐ効果があります。他のYAGレーザーの機種には「G-MAX」、「ロングパルスYAGレーザー」、「エリートプラス」などがあります。G-MAXはアレキサンドライトレーザーとの複合機ですね。

参考:平成29年12月 SYNERON CANDELA社「GentleYAG」製品仕様について

参考:平成29年12月 SYNERON CANDELA社「Gentle Pro Series」製品仕様について

参考:平成29年12月 CYNOSURE社「Elite+」製品仕様について

YAGレーザーの効果

波長が長いため肌の奥深くまで届くYAGレーザーは、毛根が太く深い毛の脱毛に適しています。毛根が固くてレーザーが届きにくい体質でも、YAGレーザーであれば脱毛処理が可能になります。

もし他のダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーで効果が見られない部位があれば、YAGレーザーでの脱毛がおすすめですね。男性であればヒゲの部分、女性であればワキや膝下、デリケートゾーンの脱毛に適しています。

皮膚のメラニン色素に反応してレーザーが照射される仕組みのレーザー脱毛だと、皮膚表面のメラニン色素にまでレーザーが照射されて肌にやけどを負うトラブルがありましたよね。平成24年から平成29年までの間に、「国民生活センター」に脱毛施術による危害を受けたという相談が964件ありました。レーザー脱毛による危害は全体の29.4%を占めており、施術後の痛みや腫れ、色素沈着、やけどなどが報告されています。

参考:平成29年5月11日 独立行政法人 国民生活センター「なくならない脱毛施術による危害」

ですがYAGレーザーは皮膚の奥深くにまで波長が届きますから、皮膚表面へのやけどの心配はありません。皮膚にシミやそばかすが多い人、元から色が黒い人でも脱毛できるのがYAGレーザーのメリットです。日焼けした肌でももちろんOKですよ。

ムダ毛の自己処理を続けていたせいで肌に色素沈着が起きたり、肌の色が黒くなったりした人は、YAGレーザーの方がやけどのリスクを軽くすることができますね。

参考:平成16年 J Lepselter, M Elman「Biological and clinical aspects in laser hair removal」

ただし、肌の奥深くまで波長が届くYAGレーザーには麻酔が効きにくいというデメリットもあります。脱毛の痛みを和らげる麻酔クリームは、皮膚の表面に近い部位にしか効果がありません。そのため皮膚の奥の方で脱毛処理をするYAGレーザーは、麻酔クリームを塗っても痛みが伴います。

特に皮膚が柔らかくデリケートなVIO脱毛は、YAGレーザーだからこそ脱毛できる毛の部位です。しかしそれ相応の痛みも伴うため、覚悟が必要ですね。

また、YAGレーザーはどちらかと言えば他のレーザー脱毛器よりもマイナーな存在です。そのため取り扱っているクリニックが少なく、価格も高額になりがちです。

日本医用レーザー協会の集計によると、2014年における脱毛用レーザーの稼働台数は3,960台です。そのうち、ダイオードレーザーは1,280台、アレキサンドライトレーザーは2,200台、YAGレーザーは480台となっています。

参考:平成29年5月11日 医薬・生活衛生局医療機器審査管理課「審議結果報告書」本邦におけるレーザ脱毛の実態について

やはり、YAGレーザーの数は他の種類と比べると少ないため、デリケートゾーンや日焼け肌の脱毛を行う際は、YAGレーザーが完備されているクリニックか調べておくのが重要と言えます。

まずはダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーを試してみて、脱毛できそうにない頑固な毛の部位があればYAGレーザーを検討するのが良いですね。

YAGレーザーで脱毛した人の口コミ評判

名古屋でYAGレーザーを取り扱っているクリニック

名古屋市中区栄4-14-19 富田ビル4F

名古屋市名東区藤が丘141 藤が丘駅前ビル3F

名古屋市中村区名駅2-41-20 CK18名駅前ビル6F

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop