名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療脱毛機器の特徴と効果について » 医療脱毛の痛みとは?痛みを感じない工夫をしてみよう

医療脱毛の痛みとは?痛みを感じない工夫をしてみよう

「医療脱毛をしてみたいけれどなんだか痛そう」と痛みで躊躇してしまう人は少なくないと思います。 実際医療脱毛だとどのくらいの痛みがあるのでしょうか。 痛みをできるだけ抑える方法も合わせてご紹介します。

医療脱毛は痛い?

人によって程度に差はあるものの、医療脱毛は痛みがあります。 レーザーなどの強い刺激により、毛根の細胞を破壊するとイメージすると痛みにもある程度の納得がいくのではないでしょうか。

そのため、毛抜きで毛を抜くよりも、そして家庭用脱毛器を使うよりも痛いと感じる人は多いです。 医療脱毛の痛さは、ゴムではじかれているようだと表現されることもあります。 1箇所だけならまだしも、医療脱毛は広範囲に及ぶはずなので、肌のいたるところがゴムではじかれていると考えると相当の痛みがあると想像できそうです。

また、痛みの度合いは施術をする箇所によっても異なります。 顔なら口周りや眉毛付近、他にはわきやひざ周りが痛みを感じやすいです。 女性なら、他の部分は痛みを感じなくても、デリケートゾーン付近の脱毛にひどい痛みを感じることもあります。

痛みを感じやすい部分に共通しているのは皮膚が薄く、敏感な箇所であること。 こうした敏感な部分を施術する場合は、通常よりも痛みがあることを覚悟しておかなくてはなりません。

医療脱毛の痛みは抑えられる?

医療脱毛で少しでも毛がなくなるなら背に腹は代えられません。 しかし、何度もクリニックに通って施術を受ける必要があるので、毎回痛みを我慢しなければならないとなると憂鬱になります。

医療脱毛の痛みをどうにかして抑えることはできないのでしょうか。 結論からいうと、完全に痛みをなくすことはできませんが、ある程度であれば痛みを抑えることはできます。 医療脱毛での痛みの緩和方法を確認してみましょう。

薬によって痛みを抑える

医療脱毛はサロンで受けるような施術とは違い、麻酔の使用が可能です。 ガスを使った笑気麻酔、または麻酔クリームを利用して痛みを抑えることができます。 またクリニックによっては鎮痛剤など薬を処方してもらえることがあります。

しっかり冷却する

基本的に医療脱毛をおこなう前に、しっかり冷却してもらえることが多いです。 麻酔ほどではありませんが、患部を冷やすことによって感覚が鈍化するため、通常よりも痛みを感じにくくなります。

月経前後に施術をしない

月経前後は肌が敏感で、痛みを感じやすい人も少なくありません。 月経の前後に施術をしないことも、痛みを回避するには重要です。 予約変更が可能であれば、ある程度月経の時期がわかった時点で早めに時期をずらしてもらうようにしましょう。

施術後はケアを十分にする

人によっては患部がはれたり、ピリピリしたり、施術後も痛みを感じることがあります。 施術後の痛みを緩和させるにはしっかり肌のケアをおこなうことが大切です。 化粧水や乳液を使った保湿に加え、日焼け止めや帽子を使ってできるだけ患部が紫外線に直接触れないようにしましょう。

クリニックによって痛みが違う?

ここまで医療脱毛による痛みの緩和方法をご紹介してきましたが、実はクリニックによっても痛み方が違うと感じることがあります。

その理由はクリニックによって導入されている機器が異なるため。 特に最近の医療脱毛機器は、以前に比べて痛みを軽減したつくりになっています。 クリニックを選ぶ場合は、使用されている機械にも注目してみてください。

また先にご紹介した麻酔についてもクリニックによって対応が違うので、麻酔を利用したい場合は麻酔の対応が可能なクリニックを選ぶようにしましょう。笑気ガスであれば、リラックス効果もあるため医療脱毛自体はじめての方におすすめです。麻酔クリームは効果が表れるまでに30分ほどかかります。しかしガスより痛みを感じにくくできるので、本当に痛みが苦手、という方は麻酔クリームで対応してくれるクリニックを探すとよいでしょう。

医療脱毛に痛みはつきものですが、対処次第では痛みを最小限に抑えることが可能です。 また、痛みの軽減を考えるならクリニック選びも重要になります。 継続的に医療脱毛の施術を受けるためにも、痛みの少ない医療脱毛が受けられるクリニックをサイトで探してみましょう。

部位によって医療脱毛施術時の痛みの感じ方が違う

デリケートゾーンは特に痛みを感じやすい

医療脱毛の口コミを見ていると、痛かったという内容の口コミが目立つ一方で、あまり痛くなかったという内容の口コミもあり、個人差が大きいと言えます。クリニックにより使用している医療脱毛器が違うことも関係しているでしょう。

しかし、ほとんどの口コミで共通して言えることは、デリケートゾーンの痛みが特に強いことです。デリケートゾーンを脱毛した口コミを見てみると、施術中に涙目になった人や泣きそうになった人も少なくありません。

逆にデリケートゾーンの施術であまり痛くなかったという内容の口コミは、ほとんど見つからず、かなり痛みが強いことがうかがえるでしょう。

デリケートゾーンに生えている毛は、身体の他の部位に生えている毛と比べて太めです。狭い箇所に密集して生えていることもあり、医療レーザーが強く反応して痛みを引き起こします。

デリケートゾーンの中でも、IラインとOラインは粘膜に近い位置にあることから、さらに痛みが強く感じるでしょう。IラインとOラインは涙を堪えて施術を受ける人が多いです。

また、Iラインは色素沈着により、他の部位よりも黒っぽく医療レーザーが反応しやすいために痛みが増すこともあります。多少の個人差はありますが、全身の部位の中でもっとも痛みを感じやすいのはIラインといえるでしょう。

2番目は、あまり差はありませんが、Oラインでしょう。Vラインは粘膜と少し離れていることからIラインやOラインと比べると、だいぶ痛みが弱く感じる人が多いです。IラインやOラインの痛みに耐えられた人なら、さほど気にならないでしょう。

ただ、痛みの少ない部位だけ施術したことのある人がVラインの施術を受けると、想像以上に痛く感じてしまいます。

太く濃い毛ほど医療脱毛で痛みをよく感じる

医療脱毛で使用するレーザーは黒い部分に反応して毛包幹細胞や毛乳頭を破壊する仕組みです。施術を受ける部位の毛が太く濃いほどレーザーがよく反応し、痛みも強く感じます。

夏場の薄着に備えて、両ワキの脱毛をしようと検討している女性は多いでしょう。両ワキの毛は体毛の中でも、比較的太く濃い部類に入ります。狭いところに毛が密集している部位でもあり、痛みも感じやすいです。輪ゴムを強く弾いて当てたような感覚の痛みです。

ただ、両ワキの場合には、近くに粘膜はありません。IラインやOラインほど痛くはないでしょう。Vラインと同程度かやや弱いくらいの痛みと考えておくといいです。

膝下や足首も両ワキと同様に夏場に薄着をするために、膝下や足首の脱毛を検討する人が多いでしょう。膝下や足首も比較的痛みの強い部位のうちの1つです。

膝下や足首に生えている毛はやや太め。体毛が濃い人は、毛の密集度も高い部位です。また、膝下や足首は脂肪が薄く、皮膚が近いことも痛みを感じやすい理由でしょう。

顔も部位によっては痛みを感じやすいことがあります。鼻の下や眉間などは皮膚が薄いため、痛いと感じる人が多い部位です。

ただ、顔の場合にはほとんどが産毛であるため、両ワキや膝下ほどの痛みではないでしょう。同じ顔の部位でも頬は脂肪が厚いためあまり痛みを感じません。

脱毛する部位を何か所か選べる場合には、痛みの少ない箇所だけ選ぶ人もいます。

医療脱毛で痛みを感じにくい部位

医療脱毛では痛みを感じにくい部位もいくつかあります。医療レーザーが反応しにくいと、痛みも弱いことが多いです。

口コミを見てみると指や手の甲、背中は施術で痛いと感じた人はあまりいません。ほとんど痛みを感じなかった人が多いです。指や背中に生える毛は産毛であまり密集していないためでしょう。

脂肪が厚いお腹や胸も平気だったという内容の口コミが目立ちます。うなじは背中とセットで脱毛する人が多いですが、痛みを感じやすい人と感じにくい人との差が大きい部位です。

ただ、痛みを感じやすい人でも、両ワキやVラインほどの痛みではありません。あまり心配することはないでしょう。

痛みを感じやすい部位でも、施術回数を重ねるに従って痛みが弱くなることがよくあります。最初の時点では、体毛がびっしり生えている部位でも、施術をするたびに少しずつ毛が減るためです。毛が少ない部位と同じ状態になります。

デリケートゾーンや両ワキでも、脱毛が完了する最後の施術では、あまり痛みを感じないでしょう。最初の1回目が一番痛みを感じやすく、だんだん痛みが弱くなっていくと考えると気が楽ですよね。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop