名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  そもそも医療脱毛とは » G-MAX

G-MAX

ここでは、医療用脱毛器G-MAXレーザーの特徴について、詳しくまとめています。新発想の医療脱毛器の効力とは。

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーのハイブリッド脱毛器

G-MAXレーザーの分類・位置付け

G-MAXレーザーは、アレキサンドライトレーザー系の特徴と、YAGレーザー系の特徴を兼ね備えた、ハイブリッド型の医療脱毛器。

2種類の脱毛器の特徴をあわせ持っているため、どのような毛質でも脱毛が可能です。

G-MAXと同様のハイブリッド型脱毛器の例

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーのハイブリッド型脱毛器の例として、「エリート」、「エリート・プラス」、「エリートMPX」などが挙げられます。

機器の特徴

部位によって2種類の脱毛器を使い分けることができるので、それぞれの長所が短所を埋め合わせるように使われます。理想的な脱毛器と言えるでしょう。

まず、腕や足、胸などの部位の脱毛はアレキサンドライトレーザー(アレキ)で行います。

ただ、アレキの波長では、VIOラインなど深い毛根を持つ毛には脱毛効果が弱いと言われています。そこでこういった部位には、波長が長く、皮下の深いところまでエネルギーを届けられるYAGレーザーを使用します。男性のヒゲ脱毛によく使われる脱毛器ですが、女性においてはVIOライン脱毛に効果が期待できます。

従来、全身脱毛のように様々な毛質に対応しなければならない場合には、アレキとYAG、二つの脱毛器を導入する必要がありました。ところが脱毛器は高額なので、ほとんどのクリニックではどちらか一方しか導入されておらず、一機種のみを使用して全身脱毛を行なってきたのです。

したがって、2種類の機能が搭載されているG-MAXレーザーが1台あれば、今までよりも高い脱毛効果が期待できるのです。

なお痛みに関しては、アレキもYAGも強めです。「ゴムではじいた程度」という表記がよくされていますが、厳密に言えば「ゴム10本をMAXまで伸ばして一気に放した程度」と言えるでしょう。

YAGはとくに痛みが強い脱毛器。主にYAGを用いて施術が行われるVIOラインは痛みに弱い部位なので、施術の際には、医師に麻酔の使用を相談してみましょう。

名古屋で全身医療脱毛ができるおすすめクリニック3選はコチラをクリック!

pagetop