名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療脱毛機器の特徴と効果について » ダイオードレーザー

ダイオードレーザー

こちらでは、医療用脱毛器・ダイオードレーザーに関して、特徴や注意点などを解説します。

 

ちまたには様々な脱毛器が存在していますが、脱毛の効果や肌への負担などもあわせて確認してみてください。

日本人の肌に適した脱毛器ダイオードレーザー

レーザーの比較

脱毛に利用されるレーザーは大きく分けて3種類あります。コストや施術部位によって最適なレーザー機器が異なるため、どれが自分に最適なのか知っておきましょう。病院によっては導入していないレーザーもあるので、その点も事前にチェックする必要があります。
★表1★

ダイオードレーザーとは

ダイオードレーザーは半導体を使ってレーザー光を発生する仕組みになっています。

 

メラニン色素に反応して毛母細胞にレーザーを照射するのはアレキサンドライトレーザーと変わりませんが、ダイオードレーザーは波長の種類が違うため、他の脱毛器では対応できない産毛などの薄い毛の脱毛も可能になっています。

 

肌の色が濃くて細い毛がたくさんある黄色人種に向いた脱毛法であることから、「日本人にぴったりの脱毛器」と呼ばれている存在です。

 

また、ダイオードレーザーは照射するレーザーの出力を調整できることも特徴です。

 

毛質や肌質に合わせて出力を調整することにより、細い毛から濃い毛まで幅広く対応できるのです。

 

ダイオードレーザーの脱毛機器として有名なのは、初めてFDAに永久脱毛器として認可された「ライトシェア・デュエット」です。

 

また、徐々に熱を加える仕組みで肌へのダメージを最小限にとどめる「メディオスターNeXT」も注目を集めています。他にも「ソプラノ」、「コメット」などの機種もありますが、日本のクリニックでよく使われている機種はライトシェアデュエットですね。

ダイオードレーザーの効果

ダイオードレーザーでの脱毛で特に注目されているのが、照射時間の短さではないでしょうか。ダイオードレーザーは冷却装置が一緒に内蔵されているため、他のレーザー脱毛器と違って冷却ジェルを肌に塗る時間を短縮できるのです。

 

さらに、ダイオードレーザーは照射面積が大きい点でも施術時間の短縮に繋がっています。一般的に、照射面積が大きいと出力が小さくなって施術時間は長くなりますが、ダイオードレーザーは出力をある程度調整することができるため、患者の負担は少なくなっています。

 

また、レーザー脱毛は表皮に熱障害を発生させない範囲内で照射時間を設定する必要があるため、永久的な脱毛には複数回の治療が必要です。レーザー脱毛は、毛に含まれるメラニンという物質に吸収されるレーザー光を照射することで、再び生えてこなくなるようダメージを与える方法ですが、毛に含まれるメラニンは一定ではないため、施術部位によって通院回数や施術時間は大きく異なります。一般的に、顔の産毛などはメラニン含有量が少なく白いため、レーザー脱毛の効果が現れにくく、通院回数も多くなってしまいます。

 

参考:平成24年1月 河本 敬子, 桑島 史欣「赤外レーザーのメラニンに対する高吸収波長」

 

冷却装置が内蔵されていることによって、従来の脱毛器と比べて痛みが大幅に軽減されているのも人気を集める理由です。初めてのレーザー脱毛で痛みが不安だ、という方も安心して施術できますよ。

 

参考:平成10年 河野 太郎, 野崎 幹弘「半導体脱毛レーザーにおける皮膚冷却装置(Chill Tip (R))の有用性の検討―ビデオマイクロスコープによる表皮損傷の観察―」

 

また、照射面の形が円形ではなく四角形なのもダイオードレーザーの特徴です。照射面が円形だと、レーザーの照射漏れによって脱毛できない部分がでてきます。ですが照射面が四角形のダイオードレーザーなら、照射漏れもなく効率のよい脱毛を進めることができるのです。

 

参考:平成1年 徐 国建, 沓名 宗春, 山田 勝重「12%Cr鋼へのステライト6合金のTIG及びレーザ肉盛に関する研究」

 

四角形のヘッド部分は面積も広いですから、照射漏れが少ない上に短時間での脱毛が可能になりますね。

 

また、産毛のような細い毛にレーザー光が届くのも特徴です。今までに光脱毛や抑毛クリームなどを試した人は、毛が細くなったり薄くなったりしてレーザー脱毛に反応されないという事例もありました。さらに、美容外科でひざ下のレーザー脱毛を受けた際、やけどのように腫れて色素沈着が残ってしまったという事例も報告されています。

 

参考:平成29年5月11日 独立行政法人国民生活センター「なくならない脱毛施術による危害」の主な危害事例について

 

ですがダイオードレーザーなら、やけどのリスクが低く、産毛のように細い毛にも反応してレーザーを照射することができます。

 

レーザーの出力を施術者が調整できるため、本人の毛質や肌質に合わせた臨機応変な施術ができるのです。

 

そして注目すべきは、3~4回ほどの施術で脱毛を実感できる点ですね。アレキサンドライトレーザーと比べてレーザーの波長が長いため、確実に毛母細胞を破壊してくれます。

 

ただし、他のレーザー脱毛と比べてコストが高いのがデメリット。やはり痛みが少なく薄い毛にも反応できるという点から、クリニックでのダイオードレーザー脱毛は低コストというわけにはいきません。

 

日本では、レーザー脱毛・二重まぶた手術・アートメイクなどは「美容医療サービス」に該当し、健康保険の適用対象外となるため、費用を全額負担しなければなりません。病気やけがの治療ではなく、美容の向上が目的となるため、すべて個人で支払う必要があるということなんですね。

 

参考:平成23年12月 消費者委員会「エステ・美容医療サービスに関する消費者問題についての実態調査報告害」

 

そして先ほどはメリットとして挙げた、レーザーの出力を調整できる点。これは裏を返せば施術者の技術力次第で脱毛効果が左右される、ということにもなります。つまり施術者次第では同じコストを支払っても同じような脱毛効果が得られない、というデメリットになってしまいますね。

 

また、ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーと比べると美容効果が少ないです。アレキサンドライトレーザーは顔面に照射することで、そばかす・くすみの減少、ニキビの治癒・予防、肌質の改善、小じわの減少などといった美顔効果が得られることがわかっています。これらは主にコラーゲン活性化効果の影響と考えられており、「レーザーフェイシャル」というテクニックとして広く知られています。

 

参考:平成22年8月16日 山田 裕道「皮膚科におけるレーザー応用の最新事情」

 

ダイオードレーザーのメリット・デメリットをどちらも確認し、施術方法は後悔しないように選びたいものですね。

ダイオードレーザーで脱毛した人の口コミ評判

名古屋でダイオードレーザーを取り扱っているクリニック

名古屋市中区錦3-22-26 名古屋スルガビル3F

名古屋市中区錦3-5-4 アネックスビル11F

名古屋市中村区名駅南1-19-13 AEビル7F

最新の医療脱毛レーザー「メディオスターNeXT PRO」

ここまでのご説明で、ダイオードレーザーの特徴やメリット、脱毛効果などはおおむねおわかりいただけたかと思います。 ここでは、最新のダイオードレーザー脱毛器「メディオスターNeXT PRO」をご紹介していきます。

バルジ式脱毛で痛みを最小限に抑える

従来の脱毛は「痛い」というイメージが強く、実際に痛みを感じる方も多かったといいます。

 

一般的な医療脱毛レーザーは、黒い光にレーザー光線を反応させ、熱により直接毛根を破壊させる仕組みになっています。

 

痛みが生じるのは、毛根が破壊されたときだと考えられており、部位によっては赤みが生じることもあります。

 

一方、「メディオスターNeXT PRO」は毛根に直接ダメージを与えるのではなく、毛根細胞に栄養を送る「バルジ領域」にレーザーを照射し蓄熱で破壊する仕組みになっています。

 

参考:平成21年2月24日 小友 進「毛髪再生とアンチエイジング」の毛組織について

 

バルジ領域とは、毛包の色素細胞の幹細胞が存在している領域のことで、発毛する際の核となる部分です。一般的に皮脂腺や毛包を作り出す細胞はバルジ領域に存在する毛包幹細胞から分化されると言われています。毛根は成長期・退行期・休止期のサイクルによって成長と退縮が繰り返されて1本の毛となりますが、そもそもバルジ領域を攻撃してしまえば、毛根が発生することもなくなるというわけです。

 

参考:平成26年3月 山田 貴亮「皮膚組織の再生に向けた皮膚由来幹細胞に関する研究」

 

バルジ領域は毛根より手前にあるため、痛みの少ない脱毛が可能なのです。脱毛の経験者は「輪ゴムではじかれたような痛みだった」という方もいますが、このバルジ式脱毛であればそのような痛みは感じにくいといえます。

部位によってはほぼ無痛というケースも少なくありません。

 

さらに、従来の機器に比べ低温で細かいレーザーを照射することで、火傷のリスクも低減させています。

日焼けをしていても脱毛ができる

実際にバルジ式脱毛の施術を受けると、痛みが少ないかわりに「真夏の日差しのようなじりじりとした熱さを感じた」「熱い飲み物の入ったマグカップが肌に触れたような感じだった」とコメントする方が多いようです。

 

しかし、基本的には「メディオスターNeXT PRO」では肌表面の温度が急激に上昇するということはありません。

 

肌へのダメージを最小限に抑えるため、強力な冷却装置が照射ヘッド部分についています。その冷却力は、従来の約8倍なんだとか。そのため、施術中に「熱い」と感じることはほとんどないといわれています。

 

また、バルジ式脱毛は従来のような毛の黒色にレーザーを反応させる原理ではないため、日焼けをしている肌や元々色黒な方でも脱毛することが可能です。肌の色が原因でこれまで脱毛を断られてきたという人でも安心して施術を受けられます。

 

そして、毛嚢炎をはじめとした肌トラブルの発生リスクも最小限に抑えられています。敏感肌が気になり脱毛を受けられなかったという方にもおすすめできる医療脱毛レーザーです。

施術時間&脱毛期間が短縮できる

従来の脱毛レーザー機器と比較すると、「メディオスターNeXT PRO」はXLヘッドなら最大9.1cm²と照射面積が非常に広いという特徴も持っています。

 

ジェルを使用しながら照射を行えば、打ち漏れを防ぐことができるためさらにスピーディーに照射できます。また、痛みが少ないことで施術を中断するなどの時間のロスもありません。

 

結果的に施術時間が短縮でき、その時間はなんと従来の2分の1程度だといいます。クリニックにもよりますが、例えば、全身脱毛にかかる時間が従来4時間程度だったとすると、「メディオスターNeXT PRO」なら約2時間で完了することが可能になります。

 

さらに、従来の医療脱毛は、毛周期に合わせて脱毛を行う必要があったため、2~3か月に一度クリニックに通い、脱毛を終えるまでに1年~2年かかるといわれていました。

 

バルジ式脱毛の場合、毛周期が脱毛に大きく影響することはないため、1~2か月の頻度で脱毛を受けることができます。脱毛期間は最短で半年程度にまで短縮することが可能です。

 

仕事やプライベートで忙しい方にとっては、施術時間や脱毛期間が大幅に減るのは大きなメリットではないでしょうか。

ブロンドや白髪は脱毛できない

日焼け肌や色黒な方、硬毛、産毛にも対応している「メディオスターNeXT PRO」ですが、ブロンドや白髪は脱毛できないので注意が必要です。

 

レーザーによるバルジ領域への蓄熱ダメージを与えることができないと考えられているからです。 また、日焼け直後などはクリニックによって施術を断られる可能性もあります。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop