名古屋のクリニックおすすめ3選&医療脱毛基礎知識・Q&A

完全ガイド医療脱毛ができる名古屋のおすすめクリニック

名古屋で医療脱毛 TOP  >  医療脱毛機器の特徴と効果について

医療脱毛機器の特徴と効果について

エステサロンや美容クリニックでの脱毛はどれも同じと思っていませんか?実はクリニックで受けられる「医療脱毛」には、医療機関ならではのメリットがたっぷり。ここでは医療脱毛について、使う機械や通う回数など、基礎からお教えしています。

医療脱毛とは、医療機関で受ける脱毛行為のこと

「医療脱毛」とはその名のとおり、病院や美容外科などの医療機関で行われる脱毛のこと。厚生労働省が許可したマシンを用いて、医師本人or立会いの下で施術を受けるので、あらゆる脱毛方法の中で一番安全で確実、といわれています。

脱毛に使われるマシンには、大きく分けて2種類。

光脱毛のマシンは誰でも扱えるためエステサロンなどで用いられています。一方レーザー脱毛マシンによる施術は医療機関でしか受ける事ができません。脱毛に力を入れているクリニック等では光・レーザーどちらも導入しており、施術部位や肌状態・患者さんの希望に合わせて使い分けているところもあります。

光でもレーザーでも、医療機関で脱毛を受ければ「医療脱毛」と呼ぶのですが、一般的には医療脱毛=レーザー脱毛を指す事が多いです。

医療レーザー脱毛マシンと光脱毛マシンの違い

レーザー脱毛マシン(医療機関のみ) 光脱毛マシン(エステサロン等)
  • 医療機関でしか使えない
  • 単一の波長の光を小範囲に照射する→威力が強い
  • 毛を作る組織を完全に破壊、永久脱毛可能
  • 痛みが強いと言われているが、最新機器ではかなり軽減されている
  • 脱毛完了まで5回ほど、半年~1年で良い
  • 誰でも扱える
  • 複数の波長の光を広範囲に照射する→威力が弱い
  • 毛がまた生える可能性がある
  • 痛みが少ない
  • 脱毛完了まで12回ほど、1年~2年必要

どちらも光が黒い部分に反応し、毛を作る組織を刺激することで毛を生えてこなくします。レーザー脱毛は威力が強いので、一度照射を受けると毛を作る組織が完全に破壊され、二度と毛が生えてきません(永久脱毛)。

一方光脱毛は、完全に組織を破壊する事ができず、多少は残ってしまいます。一時的に毛を作ることはできなくなりますが、何らかのきっかけで再び活性化し毛が再生してしまう可能性がゼロではないのです。

また、脱毛中に皮膚トラブルが起こってしまった場合、医療機関であればその場ですぐに医師が異変に気付き診断、正しい処置を受ける事ができます。事前カウンセリングでも施術を受けて良い状態の肌なのか、専門家の目できちんと判断してくれるので安心です。

エステサロンの場合は医療従事者がいませんので、こうはいきません。もしかしたら本当はお肌が弱っていたのに照射してトラブルを起こしてしまった、なんてことも考えられます。

レーザー脱毛のデメリットとして「痛みの強さ」が指摘されますが、最新鋭マシンは技術がどんどん進んで痛みがかなり軽減されているのだそう。それに加えて、エステサロンでは痛みの軽減法として「事前に冷やす」くらいしか出来ないのに対し、クリニックでは「麻酔薬」を使う事ができます。

麻酔と言っても注射ではなく、皮膚表面の痛みを無くすだけなのでクリームを塗るだけ。VIOラインなどは毛が濃く痛みに弱いですから、こういった処置をしてもらえると非常に施術が楽になります。

医療用レーザーは、シミ・ソバカス除去や毛穴引き締めなどにも使われるので、脱毛部分にある肌悩みが脱毛と一緒に解決する可能性もあります。ですが肌の状態によっては照射しないほうが良い場合もあるので、そこはまず医師とカウンセリングをして施術の可否を聞いてみてください。

名古屋で安く医療脱毛ができるおすすめクリニック3選をチェックする

pagetop